888 提携会社のマーケティングガイドライン

888 は SPAM マーケティングを許容しないポリシーを実施しています。

SPAM マーケティングと戦う取り組みとして、当社ではガイドラインを規定することを望んでおり、それによって提携会社 (該当する提携契約書で定義。この契約書は http://affiliates.888.com/terms-and-conditions/ にあります) (以下、「提携契約」) またはその代理として活動する第三者組織が、提携契約 (以下、「ブランド」) (該当する場合) で詳述されたサイト、ブランドおよびアプリケーションを宣伝できるよにすることを望みます。

提携契約書で詳述されているように、提携会社は SPAM メッセージの使用により如何なるブランドも宣伝することは禁じられています。

当社は如何なる不法および非倫理的なマーケティング実践も糾弾するため、常にこれらのガイドラインに従わなければなりません。如何なる場合にも、提携会社はすべての準拠法および規制に従う必要があり、これらのガイドラインは提携会社がマーケティングに関して従わなければならない最低条件として設定されています。

これらのガイドラインに従わない場合は、貴社の提携会社としての資格は (当社の如何なる権利も侵害せずに) 終結され、また当社は本件に関して被ったすべての負担、損害、経費、費用、罰金を本提携契約に基づいて貴社から相殺または請求する場合があります。

提携会社は、888 グループおよびそのパートナーによって提供されるサービスに関連して、電子メール、SMS、電話またはその他の方法,で行われる連絡のすべての受信者が、斯かるサービスを使用する司法管轄権の最低法定年齢以上であることを確認しなければなりません。

これらのマーケティングガイドラインに準拠していることが不確かな状況の場合は、その問題を明確にするため、当該提携会社はその 888 連絡担当者に、受信者に連絡を行う前に連絡しなければなりません。

電子メールのガイドライン

1. 提携会社は、斯かる連絡を受け取るために何らかの方法で選択または購読していない受信者に電子メールを送信するため、電子メッセージングシステムを使用することはできない。

例えば、受信者のデータがソーシャルネットワークでのプロフィールから収集された場合は、電子メールによる連絡をその受信者に送信することはできない。

2. 提携会社はすべての電子メールに、簡単に使用できる購読解除または購読拒否のメカニズムを含めなければならない。

i. 購読拒否または購読拒否のメカニズムは以下のいずれかであること:

a) 電子メールに基づくもの。すなわち、nomoremail@xxxx.com など

または

b) ウェブに基づくもの。すなわち、貴社電子メール内の購読拒否または購読解除リンクが単一ページのウェブサイトに導き、そこで受信者は購読解除/購読拒否を速やかに行うことができる (複数の手順や、身分証明の確認は許可されない)

ii.購読拒否または購読解除のメカニズムは、わかりやすく明白な方法で受信者に提供されなければならない。

提携会社は、購読拒否または購読解除の要請に速やかに従わなければならず、如何なる場合にも10営業日以内に行い、その間に電子メールが当該受信者に送信されないようにする全ての取り組みを行うものとする。

3. 提携会社は虚偽のまたは誤解を使用ずる電子メールヘッダー情報を使用してはならない

i. 貴社の電子メールに含まれている「送信者」、「受信者」、「返信先」および経路情報 – これには、起点ドメイン名および電子メールアドレスが含まれる – は正確であり、電子メールを送信した者や会社が特定できること。すなわち、提携会社名が示されていること。

ii.貴社はヘッダー情報に所属する何らかのブランド名または 888 ドメイン名のフル名称 (または部分名称) を含めないこと。これは、電子メールが提携会社から送信されたのではなく、888 から送信されたと受信者に思わせるためです。

iii.以下に、不適切なヘッダーの例を三例示す。ここでは、OnlineJackpot.com という架空の提携会社名を使用する。

(a) ここでは、送信者名に 888casino が使用されており、不適切である:

送信者: 888Casino support@OnlineJackpot.com

(b) ここでは、送信者アドレスにドメインの番号 888 が含まれているため、不適切である:

送信者: OnlineJackpot 888club@OnlineJackpot.com

(c) ここでは、送信者アドレスに番号 888 を含んだサブドメインが使用されているため、不適切である:

送信者: OnlineJackpot info@888.OnlineeJackpot.com

iv.以下に、適切な電子メールヘッダーを構成する例を示します:

送信者:OnlineJackpot

または 送信者: OnlineJackpot

4. 提携会社は虚偽または詐欺的な件名および電子メール内容を使用してはならない:

i. 件名はメッセージの内容を正確に反映していること。

ii.電子メールの件名や内容は、電子メールが提携会社または 888 との提携によって送信されたことを常に明確にする – つまり、電子メールが 888 自体によって送信されたのではなく、サードパーティによって送信されたことが受信者に分かるようにする。例えば、「当社でプレイ」、「当社のカジノでプレイ」という用語は不適切であり、「888 でプレイ」、「888 カジノでプレイ」に置き換えなければならない。

iii.特に電子メールのフッターに関しては、送信される電子メールに会社のデータとして 888 グループへの参照を含めないこと。これは、受信者を混乱させ、電子メールが提携会社からではなく、888 から送信されたと思わせるからである。

iv.電子メールのテキストには正しくない説明を含めてはならず、また受信者が行っていないアクションに言及してはならない。例えば、「あなたはサインアップを完了していないことに気付きました」または「あなたのアカウントのボーナスは期限切れになります」など。このような記述は、受信者に自分の身元が盗難にあったり、不正なアカウントが作成されたと思わせることになる。

v. 既存の 888 電子メールをコピーまたは使用してはならず、電子メールに含まれたURLを変更して提携会社のウェブサイトに差し向けてはならない。

5. 提携会社は、電子メール通信に伝染性マーケティング技法を使用してはならない:

受信者によるスパミングを直接または間接的に奨励する伝染性マーケティング技法を使用してはならない (例えば、「SMSを10人に送って、ボーナスをゲット」など)。

6. 一括メールを送信する場合は、提携会社は受信者の電子メールアドレスを「宛先」や「CC」フィールドに表示してはならない

マーケティング通信を複数の人に送信する場合は、「宛先」や「CC」フィールドにある受信者の電子メールアドレスを暗号化したり、非表示にしなければならない。

7. 識別情報:

提携会社は、電子メールマーケティングを規制する準拠法や規制の要求に応じて、企業識別情報および有効な郵便住所を電子メールメッセージに含めなければならない。

8. 苦情:

i. 888 が電子メールメッセージを受け取った受信者から苦情を受け取った場合は、提携会社は受信者の購読受諾情報をただちに当社または直接要求する当局、組織または団体に提出する。この情報には、以下を含み、それに限定されない情報が含まれる:

a) 受信者が貴社電子メールの受け取りを受諾したサイトのURL

b) サインアップの日時

および

c) 受信者のIPアドレス

ii.当社は、苦情を訴えている当事者に苦情を引き起こした当事者についての必要な詳細情報を供給し、苦情を解決するために直接貴社に連絡することができる。当社が苦情を訴えている当事者に供給する詳細情報には、貴社名、電子メールアドレス、住所、および電話番号が含まれる。

SMSのガイドライン

1. 提携会社は、何らかの方法で通信の受け取りを選択または購読していない受信者にSMSメッセージを送ってはならない。

例えば、受信者のデータがソーシャルネットワークでのプロフィールから収集された場合は、SMSメッセージをその受信者に送信することはできない。

2. 提携会社はすべてのSMSメッセージに、簡単に使用できる購読解除または購読拒否のオプションを含めなければならない。

原則として、購読拒否/購読解除を行う有効なアドレスは、短いコードや長い番号またはURLリンクなどによって行うことができる。貴社は以下を確保しなければならない:

i. 短いコード/長い番号またはURLリンクは機能すること。すなわち、貴社のSMSが送信された時点で、受信者によって返信可能であること。

ii.短いコード/長い番号またはURLリンクの使い方を説明する。すなわち、貴社からの今後のSMSメッセージの受信を購読拒否する方法をマーケティングメッセージの本文で受信者に知らせる。例えば、「メッセージを停止するには、xxxxxxxx [add the applicable short code/long number] への配信を停止」または「SMSを停止するには、xxxxxxxxx [add the applicable URL link] クリック」など。

iii.受信者の一般的な購読拒否コマンドは、「停止」とする。

iv.貴社からの今後のSMSメッセージを購読解除する要請を受け取ったら、貴社はこの人物が今後マーケティングメッセージを受け取らないようにしなければならない。この点に関するベストプラクティスは、携帯電話番号を削除するのではなく、当該受信者の詳細を抑止リストに加えることである。これは受信者の詳細が完全に削除されると、その詳細がデータベースに戻されないようにする方法がなくなるためである。

v. 購読拒否/購読解除の要請をSMS以外のソース (例えば、電子メールや電話のヘルプラインなど) から受け取った場合は、如何なる場合でも 該当する購読拒否/購読解除の要請を受け取ってから10日以内にその受信者の携帯番号を抑止するものとし、その間に受信者がさらにSMSメッセージを受け取らないようにするため、すべての取り組みを行う。

注意事項 - 司法管轄区域によっては、特定の購読拒否/購読解除メカニズムを使用するか、貴社の送信者IDを登録することが要求される場合があります。SMSメッセージを送信する場合は、貴社の責任によって貴社とSMSメッセージの両方がすべての準拠法と規制に従うようにしなければならない。

3. SMSメッセージでの提携会社の識別情報と虚偽または詐欺的内容:

i. 貴社は常に明確に名称を表示すること:すべてのSMSメッセージは貴社の識別情報をはっきりと含むこと。これはSMSメッセージの本文内に送信者ID (別名、アルファ タグ) として表示できる。

ii 虚偽または誤解を生じる情報を送信しないこと:すなわち、貴社の送信者IDは正確で真実でなければならない。

iii.貴社は、すべての 888 ブランドまたはドメイン名のフルネーム (または名前の一部) を送信者

情報に含めてはならない。これは、SMSが提携会社から送信されたのではなく、888 から送信されたと受信者に思わせるためである。

iv.SMSメッセージは、提携会社または 888 との提携によって送信されたことが常にわかるようにしなければならない – つまり、SMSメッセージが 888 自体によってではなく、サードパティによって送信されてことが受信者に明白になるようにする。例えば、「当社でプレイ」、「当社のカジノでプレイ」という用語は不適切であり、「888 でプレイ」、「888 カジノでプレイ」に置き換えなければならない。

v. SMSメッセージの内容には正しくない記述を含めてはならず、またSMSメッセージは受信者が行っていないアクションに言及してはならない。例えば、「あなたはサインアップを完了していないことに気付きました」または「あなたのアカウントのボーナスは期限切れになります」など。このような記述は、受信者に自分の身元が盗難にあったり、不正なアカウントが作成されたと思わせることになる。

4. 配信時間:

SMSメッセージは受信者が存在する司法管轄地域の午前 9 時から午後 9 時の間に送信する。

受信者は、週末、銀行の休日、祝日または宗教上の休日に送信されるSMSメッセージを歓迎しないことに注意してください。

5. 苦情:

i. 888 がSMSメッセージを受け取った受信者から苦情を受け取った場合は、提携会社は受信者の購読受諾情報をただちに当社に提出する。この情報には、以下を含み、それに限定されない情報が含まれる:

a) 受信者がSMSメッセージの受け取りを受諾した日時

b) 同意の方法。すなわち、URL、ウェブフォーム

c) 受信者が貴社SMSメッセージの受け取りを同意したときに提供した電話番号とその他の詳細情報

ii.当社は、苦情を訴えている当事者に苦情を引き起こした当事者についての必要な詳細情報を供給し、苦情を解決するために直接貴社に連絡することができる。当社が苦情を訴えている当事者に供給する詳細情報には、貴社名、電子メールアドレス、住所、および電話番号が含まれる。